Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

そうだ、大学から「ラクロス」を始めよう!: 就職活動とラクロス

これを読めば「ラクロス」が分かる!大学でラクロスをする魅力とは?就活にはどう影響?私の経験からすべてお話しします!

風の噂:ラクロスは就活に強い?

「大学で運動部に所属していた人 = 就活無双できる」とネットで書かれていることがありますが、個人的にはこれは正しい情報ではないと思っています。

ですので、先に言っておきますが、ラクロスしてたからといって就活強者になれるわけではないです。(笑)

ただ、真剣にラクロスをやっていたからこそ、就活に活かせるようないい経験がたくさんできたのは事実です!

 

 

就活を通して、私も多くの企業の面接を受けましたが、企業側は学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)を聞く中で、

「この人は目標達成のために、どんな働きかけをしたのかな?」

「その経験から、次の挑戦に活かすためにどんなことを学んだのかな?」

ということをを知りたかったのだと思います。

 

 

エピソードの出どころは、部活動に限らずサークル活動やアルバイト、習い事など正直なんでも大丈夫です。

重要なのはそのエピソードを聞いた企業側が、「この人は今までの経験を活かして、会社でもきっと頑張ってくれるだろう!」と感じてくれるかどうかだと思います。

 

 

冒頭でも述べましたが、私は大学・大学院の6年間真剣にラクロスに向き合い、様々な経験ができたからこそ、自身のエピソードに説得力を持たせることができたのではないかと思っています。

では、具体的に【就活にラクロスが活きた経験】についてご紹介します!

ラクロス感謝案件①:コミュ力向上できたこと!

ラクロスを通しての最大の学びは「他者とのコミュニケーションの取り方」でした。これは断言できます。

 

 

ラクロスは(残念ながらまだ)マイナースポーツであるからこそ、人との距離がとても近いことが魅力の一つです。

他大学の選手、社会人のコーチの方々、日本代表の選手…などなど、ラクロスを始めてから「エッ、私こんな知り合いいるの」ってなるぐらい人脈が広がってました

 

戦術や技術のアドバイスをいただくとき、組織運営に関してチームメンバーやコーチ陣と話し合うとき、はたまた他大学の練習にお邪魔させていただくとき、などなど…

たくさんの人と関わる中で、自然と「話す力・聞く力」が鍛えられましたね~感謝!

 

 

特に、大学院から務めたコーチとしての経験が、コミュニケーションスキルの向上に繋がったなと思います。

コロナ禍でパソコンを通じたオンライン練習しかできない中、ラクロス初心者の1年生に対してどんな指導をしたらよいかを他のコーチ陣と話し合い、様々な試みに挑戦したことは、今でもすごくいい経験だったなと思います。

特に、私は就活の面接がすべてオンラインであったので、オンライン上での話し方は確実にコーチ経験が活きました!

 

 

「どうやったら相手に分かりやすく伝えられるかな」という意識を常に持つことは、就活においても必ずプラスに働きます。

コミュニケーション力の向上に役立つ本は図書館にもたくさんありますので、ぜひご参考に!

 

ラクロス感謝案件②:「プチマネジメント経験」を積めたこと!

ラクロスを通して、組織運営というマネジメント的な経験を積むことができたのも、大きな財産だなと感じます。

 

 

私自身も、練習計画の立案や日々のスケジュール管理の中で、

 

「どんな練習をすれば、チームは強くなるかな?」

「この練習スケジュールで、目標達成できるかな?」

「その中で自分がどんな働きかけをすれば、チームのためになるのかな?」

 

を考え、いざ実行することで、「組織が動くためにはこうすれば上手くいく!」あるいは「これはあまりよくなかったなあ~」ということを学びました。

私は正直、後者の「こうすればよかったな」という学びの方が多かったですが、だからこそ次に繋げられることはたくさん得ましたね!これも感謝!

 

 

就活では、多くの企業が「このような経験がそもそもあるのか、そしてどんな思考プロセスで目標達成のために努力したのか」というところを見ています。

そのうえで例えば「全国優勝!」とかいった素晴らしい結果が付随していれば、なおさら華々しいエピソードにはなると思います。

 

しかし、目標達成できる人のほうが私は数少ないのではないかと思います。私も結局は、現役時代に立てた目標は達成できませんでした。

重要なのは、あくまでも結果ではなくて、「どんな努力をしてきたのか」という過程を見られているということです。

努力をする中での自分なりの工夫や、経験から得た学びを伝えることができれば、100点満点だと思います!

 

 

そのためには、自分自身を振り返る「自己分析」が重要になってくると思います。

私は自己分析をおろそかにしていた勢だったのですが、これに関しては「早めに!ちゃんと!」やっておくべきだったと反省しております…

就活に役立つ本も、もちろん図書館には置いてますので、こちらもぜひご活用ください!

簡潔に話すことが苦手な人へ

「言い換え力」でコミュ力向上!

就活、何から始めればいい?

自己分析をやってみよう!

WEBテスト対策も忘れずに…

NEXT!!

これであなたも立派なラクロス大好き人間!

【次ページ】おわりに