Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

神経機能を支えるミクログリアとは?: はじめに

(研究者の間で)最近話題のミクログリアについて、その機能や病気との関係、またミクログリア研究を紹介します。

はじめに

の中にはどのような細胞がいるでしょうか?


もちろん、脳の中では神経細胞が回路を作って情報のやり取りをしています。

しかし、脳の中には他の種類の細胞もいます。

ミクログリア(microglia)も、脳の中に存在する、神経細胞ではない細胞のひとつです。 

 

近年、ミクログリアは注目を集めています!

下のグラフを見てください。

 (Pubmedでの検索結果を元に作成)

 

これはmicrogliaに関する論文の数を、年ごとに表したグラフです。横軸に年、縦軸は論文の数を示しています。

比較として、neuron、brainに関する論文の数も載せています。

1990年くらいまでは、ミクログリアに関する論文はほとんどありませんが、その後増えだし、

ここ数年は急激に増えたことがわかります。

  

でも、ミクログリアって何をしているの?

なんでこんなに注目されてきているの?

  

医学部の授業では、脳の構造や神経伝達路などについて学習しますが、ミクログリアについては、名前程度にしか知らない人も多いのではないでしょうか?

また、一般的な(ぶ厚い)脳神経科学のテキストにおいても、ミクログリアに関する記述は、1ページもなかったりします。

 

 

このガイドは主に、神経科学に興味のある医学生物学系の学生のかたに、ミクログリアについて知ってもらうため、ミクログリアの機能や病気との関係、またミクログリアに関する研究結果を紹介します。

 

ミクログリアに少しでも興味を持ってもらえれば、うれしいです。

 

 

次のページでは、ミクログリアがどんな細胞なのかを説明します。

Subject Guide

加藤木 敦央's picture
加藤木 敦央
Contact:
本ガイドは図書館TA(Cuter)として勤務した際に作成したものです。 勤務期間 :2016年7月~2019年3月 当時の身分:大学院生(博士課程)