Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

失敗から学ぶプレゼン小技集: ココを見よう!転ばぬ先の機材確認

ココを見よう① 端子

PCとプロジェクタをつなげる場合、大きく2種類の端子があります。

  出力 形状
VGA 映像のみ 台形、蜂の巣状
HDMI 映像&音声 上の写真の通り


プレゼンの途中で動画を使うときには、どういった環境なのか確認しましょう。

<例>
・会場は教室。聞き手はゼミの学生。
・音声付きの動画を見せたい。
・PCにはVGA端子しかない。
→ 動画はVGA端子経由でスクリーンに表示。
  音声は手元のPCで直接流す。

上のように、PCの環境や発表会場などを考慮して判断すると良いでしょう。
そして、可能であれば、動画や音声がきちんと作動するか、事前に確認しておくと更に安心です。
特にVGA端子は、その構造ゆえに接触不良がしばしば起こります。
慌てないで済むよう、確認しましょう。

おまけ:Macの場合は

最新のMacBookMacBook ProではUSB-typeCという端子のみが付いています。
すっきりとしたデザインのため、薄型のPCに適しています。
今後、対応できるプロジェクターも増えてくると思われますが、現状ではまだそこまで多くありません。
そのため、これらのPCを使っている人は、変換コネクターが必要になる場合があります。

ココを見よう② 画面比

スライドに用いられる縦横比は、主に2種類あります。

4:3は従来型。比較的古い施設のスクリーンはこの画面比が多いです。
16:9はこれからのスタンダード。新しい施設はこの画面比が多いです。

スライドとスクリーンの比率が違うと、デッドスペースができてしまいます。
授業やゼミなど、普段使用している場所で発表する場合には、事前にスクリーンの大きさを確認しておくとよいでしょう。

下の画像は、よくあるデッドスペースの例です。

見比べると想像しやすいですが、右の場合の方が文字が小さく見えます。
どうしてもスクリーンの大きさがわからないときには、スライドを4:3にしておけば、スクリーンがどちらの画面比であっても文字は見やすくなります。

パワーポイントでは「デザイン>スライドのサイズ」で設定できます。
比較的新しいバージョンでは、初期設定が16:9である場合が多いので、変える必要があるときには、この部分をチェックしてみましょう。

ココを見よう③ 複製と拡張

スライドを映すときは、図1のように、PCとスクリーンが同じ状態になるのが普通です。
しかし、ときどき図2のように表示されることがあります。PCとスクリーンがつながったようになり、画面の半分しかスクリーンに投影されない状態です。

図1図2

これは、PCのディスプレイの設定によるものです。
図1は「複製」、図2は「拡張」と言います。
設定方法は下記の通り。OSによって異なります。

Windows:
Windowsボタンと「P」を同時に押すと、設定画面が表示されます。
ここで、「拡張」から「複製」へ変更しましょう。

Mac:
左上のAppleマーク>システム環境設定>ティスプレイ
と進み、「ディスプレイをミラーリングに」の部分を確認します。
チェックがついていれば「複製」、ついてなければ「拡張」になります。

Windows  Mac 

「拡張」は本来、PCのディスプレイを2つ以上使うための機能なのですが、プレゼンでは支障になります。スクリーンの表示がおかしいときにはチェックしてみましょう。