Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

医療におけるレーザーの世界(歯科医療編): レーザーの歴史

レーザーってよく聞くけど、なに?医療の世界でも結構使われています。 少しだけご紹介します。

日常生活にもあるレーザー

みなさんは、レーザーというと何を思い浮かべますか?

ライブ会場でのレーザー演出

レジでバーコードをピってするやつ

プリンターがレーザープリンターだというひとも

パソコンマウスもレーザーを使ってるものあります

授業で使うレーザーポインターもずばりですね。

CD,DVDもそうなんです

スペシウム光線

3分で戻らなくてはならない、例のヒーローが出すやつですね。

おそらくレーザーではありませんが、私は研究を始めるまで、「レーザー」という単語が頭の中で勝手に自動変換されていました。

レーザーの歴史

そう、この人です。

 

実はアインシュタインは相対性理論で有名ですが、ノーベル物理学賞を受賞した内容は

「光量子仮説」で受賞しています。

光電効果というものがあり、それに対して光量子仮説というものをたて、物理的に解明したのがアインシュタインです。

この光量子仮説というのが、レーザーそのものではありませんが、レーザー理論の大元になっています。

 

 

アインシュタイン博士の論文を基礎とし、

 

その後約半世紀近くかけて

 

1954年にCharles H Townesらによって、アンモニア分子を利用してマイクロ波を発振させた

 

Maser(メーザー:Microwave Amplification by Stimulated Emission of Radiation)が誕生しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

<Townesさん。2015年1月に99歳で亡くなったそうです。>

 

マイクロ波が光波領域へと研究が進み、

 

1960年にMaimanによってルビーを利用した赤色の人工光の発生に成功しました。

 

続いて Javanがヘリウムネオン(He-Ne)から人工光を発生させ

 

光メーザーのマイクロウェーブ(Microwave)をライト(Light)へ名称を変えLaserとなりました。