Skip to main content

看護/医療系学生・英語のすすめ English for Nursing / Medical student: Cherry on the cake おまけコラム②

将来は海外で働いてみたい!?医療英語の授業は苦手!?論文を英語で書きたい!? そんな看護学生や医療従事者を目指す学生へ英語のすすめ。おまけのアメリカ体験コラム付き。

Experience in the US アメリカ体験記

アメリカ入国珍道中②

Entry into the US②

L.A.まで残り2時間くらいで電気がついて、機内が明るくなると早速、えっ!?!?

The light was turned on before 2hours to L.A. on the airplane. Then immediately... what!?!? 

なぜか小さいブランケットを隣の彼女と二人でシェアしてる。

I was sharing a amall blanket with the girl next to me.

この辺までくるともう驚かなくなった。いつのまにか片言の英語でなんとかコミュニケーションもとれるようになった(と思った)。

However, I did not surprise because I got used to those surprises from her. I somehow started understanding her English and communicating with her around that time.

シンガポール出身でアメリカの大学でビジネスを勉強していることが判明。人間必死になれば言葉はすぐ出来るようになると実感。

She was revealed she was from Singapore and studing business in the univaerity in the US. I felt if people struggle to survive and talk, they can learn survival language soon.

そうこうしていると入国の書類が配られる。。。やばい。分からない。

After for a while, the immigration card was distributed by the attendant. ugh. I have no idea..

アタフタしていると、それを察したのか彼女が全て書いてくれて、空港に着いてからも、ビザの書類まで全て書いてくれた。

I was struggling to fill in the form. Then she realized I was in trouble and wrote everything for me. Moreover, she helped me everything about the visa procedure.

そして入国審査。審査官に細かくビザの内容を聞かれ(ていたのだと思う)、またアタフタしていると先に行った彼女が戻って来て助けてくれる。

Then, immigration. The immigration officer asked me details about the visa. and I struggled. She went through the immigration already but came back for helping.

初め意味が分からなかったけど、なんて女神なんだ!

First, I thought she was wired girl, but now she is Goddess!!

彼女は乗り継ぎがあったので、ここでお別れ。(※1)

She transfered the airplane in this airport, so we said good-bye here.(※1)

さてホストファミリーとのご対面。約束の時間から1時間。2時間。3時間。

Now time to see my host family. I waited 1 hour, 2 hours , 3 hours from the meeting time.

来ない。。。電話するもでない。メールするも返信ない。さて。どうするかなぁ。。。

They had not come. I called, I emaile, but no answer. Well... What can I do next...

待つこと6時間。陽気に登場、悪ぶれた様子もなく、むしろ「到着連絡をしなかったあなたが悪い」とのこと。

They finaly came but 6 hours belated arrival. They said it was my fault because I didn't call.

アメリカはいろんな人がいるもんだ。いろいろあったけど、まぁ何はともあれ入国できたので良しとしよう!

There are many kinds of people in the US, I guessed. Anyway I could got into the US. It's alright!!

※1)シンガポールの彼女とは現在も良い友達です。あとでなぜあそこまで優しくしてくれたのかを聞くと、彼女は寿司が大好きで、寿司=日本人だからという、やっぱり良く分からない理由でした。まぁでも寿司に感謝。

※1) The girl is still my good friend. I asked her why she very kindly helped me a lot. She answered that she loves sushi, sushi = Japanese. ummm interesting reason. but anyway I appreciate it!!

戻る back / 次へ next

Subject Guide

平川 善大's picture
平川 善大
Contact:
本ガイドは図書館学習サポーターとして勤務した際に作成したものです。

勤務期間 :2014年5月~2014年11月
当時の身分:大学院生(修士課程)
当時の所属:九州大学大学院医学系学府保健学専攻看護学分野
作成者の所属:08_医学部/医学系学府