Skip to main content

看護/医療系学生・英語のすすめ English for Nursing / Medical student: 2 Speaking・Listening 話す・聞く

将来は海外で働いてみたい!?医療英語の授業は苦手!?論文を英語で書きたい!? そんな看護学生や医療従事者を目指す学生へ英語のすすめ。おまけのアメリカ体験コラム付き。

What does it say? 何と言っているでしょう?

Have you past wind?

さて、みなさんはこの文章の意味分かりますか?

ヒント: pass water = おしっこする

正解は、右の欄に書いてありますが、英語の得意な人や想像力のある人なら簡単ですよね。

日本でも患者さんに難しい医学用語を使わないように、英語の場合でも、遠回しに表現することはあります。これらは、なかなか英語の教科書や辞書に書いてないことも多く、学習するのが難しいこともあります。

アメリカ人の先生の講義で"water pills"と何回も言われていて、聞いた瞬間「ん?」っと戸惑った記憶があります。次の瞬間「利尿剤」であることに気づきましたが、直訳では分かりづらい表現方法です。

 

ここで紹介している本にはこれらの一例も出ています。

Related guide 関連するガイド

Can you express in English?  あなたは英語で言えますか?

患者さんには分かりやすい言葉を使いますが、医療者同士では専門用語や略語が飛び交います。

あなたはこれらを何と表現しますか?

①排尿あり

②から吐き

③常食

④死亡診断書

⑤申し送り

⑥夜勤

全部言えましたか?
これらは本の一例ですが、治療に関する専門用語などはもっともっと難しくなります。
それぞれの言い方の例は下記です。

 

①has voided (HV)
②retch
③ward diet
④death certificate
⑤hand over
⑥night duty
 
※左欄の答え
「おなら(排ガス)は出ましたか?」

九大図書館にあるオススメ本②

- 蝦名玲子 / バジェル ブライアン
ISBN: 9784900933422
出版年月日: 2011年10月31日

本のタイトル見て少し「ドキっ」とした方は、読んでみる価値あり。
実はすでに知っている英語で表現できることが多いことに気づかされる本。
シチュエーションごとに分かれて英会話を中心に説明してある。
使えるフレーズがまとめられていて、丸覚えしても良いくらいオススメ。