Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

脳波判読のための基礎★: 導出方法の種類

導出方法

 

目的によって、「どこを基準にして波形をみるのか?」を決め

電極を組み合わせて脳の波形を導き出しています!

 

脳波はただ眺めていても、脳の活性状態を知ることはできません。

その電極がある場所が、どこと比べてどのように変化しているのか?を見る必要があります!

 

▶単極誘導法

脳全体を見て「このあたりに異常がありそう !」というのがわかります。

 

●耳朶基準導出法

一番多く利用されている方法で、電気的に0に近い耳朶を基準に頭部の脳波を見ます。

頭皮に装着した電極下の脳電位の変化を記録することができます。

 

 

●平均基準導出法

全部の電極から導出した脳波電位の平均を基準にします。

活性化しやすい耳朶の電極の影響を減らすことができます!

 

 

●その他

・平衡型頭部外基準導出法

・発生源導出法

 

 

 

▶双極導出法

●連結双極導出法

隣接する頭皮上の電極を2つずつ連結させて、その差の脳波をみます。

・縦列連結導出

 

・横列連結導出

 

・環状連結導出

など

導出方法の例

脳波の導出方法にはいくつかの種類がありますが、

最もよく用いられるのは、単極導出法(主に耳朶基準法)双極導出法組み合わせです!

組み合わせることで、異常な波形の焦点の発見がしやすくなります。

 

 

 

 たとえば、脳の一部に電位が高い部分があったとします!

 

 

             最大振幅部位=最も電位が高い                                           位相逆転部位=最も電位が高い 

 

 

単極導出法から、Fp3、F3、C3に電位が高い部分が分布していることがわかりますね!

さらに双極導出法では、Fp3-F3の波形が逆転している(位相逆転)ことから、F3の方が電位が高いことがわかります!