Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

脳波判読のための基礎★: 睡眠ステージによる脳波の変化

ステージⅠ:入眠期+軽睡眠初期

 

眠気が出現してうとうとしてくるとα波の振幅・出現量が減少し、その後消失していきます。

もう少し睡眠が深まると、低振幅なθ波が数個連なって出現してきます。

 

↑StageⅠ

α波の出現が減少しています。

パブリック・ドメイン   /   File:Sleep EEG Stage 1.jpg
アップロード者:MrSandman  /   Wikipedia Commons

 


さらに睡眠が深くなり軽睡眠初期に入ってくると、

中心正中部に高電位で3~5Hz

瘤波(hump)または頭蓋頂鋭波(vertex sharp transient)と呼ばれる波が

ぽつんぽつんと出現してきます。

 

 

ステージⅢ:中程度睡眠期

 

ステージⅡから睡眠が深くなり、ステージⅢに入ると

2Hz以下で75μV以上δ波が、20~50%ほど出現してきます。

 

CC BY-SA 3.0   /   File:Sleep Stage N3.png
アップロード者:NascarEd   /   Wikipedia

レム睡眠

 

レム睡眠=体の眠り であるため、このときにを見ていることが多いです。

脳波はステージⅠと似ていて、θ波が中心となります。

特徴として、のこぎりの歯のような波が出現してきます。(鋸波状波、saw tooth wave)

パブリック・ドメイン   /   File:Sleep EEG REM.png
   Wikipedia

ステージⅡ:軽睡眠期

 

ステージⅠでの瘤波の出現に加えて、ステージⅡでは紡錘波(spindle)と呼ばれる

約14Hzほどの波が連続して出現してきます。(瘤波・紡錘波混合期

より睡眠が深まると、

瘤波は消失し紡錘波のみが中心・頭頂部優位に目立って出現します。(紡錘波期

パブリック・ドメイン   /   File:Sleep EEG Stage 2.jpg
アップロード者:MrSandman /   Wikipedia Commons

 

さらに睡眠がK複合(K complex)と呼ばれる波が出現してきます

K複合は、瘤波と紡錘波が結合したような形をしています。

睡眠中の音などの感覚刺激で誘発されたり、自発的に出現したりします。

パブリック・ドメイン   /   File:Stage2sleep.svg
アップロード者:Neocadre  /   Wikipedia Commons

 


ステージⅣ:深睡眠期

 

ステージⅢから深い睡眠に入り、ステージⅣとなると

δ波の出現が50%以上になってきます。

パブリック・ドメイン   /   File:Sleep EEG Stage 4.jpg
   Wikipedia Commons