Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

ヨーグルト&乳酸菌 ガイド: ガセリ菌

ガセリ菌に期待できる効果

内臓脂肪の軽減

ダイエットのイラスト「ビフォーアフター」

   

【マウス実験で判明】

歯周病予防効果

インフルエンザウイルスの感染予防効果

豆知識「内臓脂肪」

内臓脂肪は、外から見ただけでは分かりにくいところ(腸の周りなど)に沈着しており、糖尿病などの病気と深い関わりがあることが分かっています。

内臓脂肪が蓄積する要因には「過剰な脂質吸収」と「内臓脂肪組織の炎症」の2つがありますが、ガセリ菌はこの2つの要因に働きかけることにより内臓脂肪の軽減に働いているそうです。

参考文献

Kadooka Y et al. Regulation of abdominal adiposity by probiotics (Lactobacillus gasseri SBT2055) in adults with obese tendencies in a randomized controlled trial. Eur J Clin Nutr. 2010, 64(6), 636-643.

小林良喜ほか. "Probiotic bacterium, Lactobacillus gasseri SBT2055 promotes a preventive effect for periodontal diseases." 16th International Congress of Mucosal Immunologyにて発表. (2013年7月)

Nakayama Y et al. Oral administration of Lactobacillus gasseri SBT2055 is effective for preventing influenza in mice. Sci Rep. 2014, 4, 4638.