Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

折り紙の歴史と現在: 戦国~江戸中期

文化として、遊びとして、芸術として、科学として…さまざまな形で進化する折り紙の姿を見てみましょう。

最初期の折り紙を探しに…

「儀礼折り紙」が作られる中で「遊技折り紙」も生まれたと推測されます。
ただ、具体的にいつ頃「遊技折り紙」が生まれたのか、明確な記録は残っていません。

とはいえ、手がかりが全く無い、というわけでもありません。
というのも、折り紙は、図案や絵柄として使われることがあったからです。
というわけで、古い時代の折り紙を探るために、折り紙の意匠が施された品々を見てみましょう。

1. 最古の折り鶴?

2018年、とある装飾品が発見されました。
それは日本刀の柄だったのですが、そこには折り鶴の絵柄が飾り付けられていました。
作者は後藤栄乗(ごとうえいじょう)といい、彼の生きた時代から推測して、この柄は16世紀末から17世紀初頭のものと考えられています。
これが、現在のところ最も古い、折り鶴の絵柄が残る遺物です。

ここから、少なくとも17世紀初頭、つまり戦国時代から江戸時代の初め頃には、すでに折り鶴が知られていたと考えられます。ひいては、「遊技折り紙」も、このころまでには生まれていたのだろうと推測されます。

2. 『欄間図式』

時代は下って18世紀、1734年(享保19年)『欄間図式』という本が出版されました。
この本は名前の通り、欄間のデザイン集なのですが、その中に折り紙を模したデザインが描かれています。下の画像の通りです。

[2-1]『欄間図式』より「折形」

これを見るとわかる通り、ここに描かれたほとんどの作品は、現在でも親しまれているものです。
このような、古くから伝わった作品を伝承折り紙といいます。
『欄間図式』からは、18世紀には「伝承折り紙」がすでに作られ、多くの人々に知られていたことが伺えます。
ただ、現代と少し違い、このデザインには折形というタイトルがついています。当時はまだ、「折り紙」という用語が確立しておらず、「折形」「折据(おりすえ)」などと呼ばれていました。
そして江戸時代の前期・中期には、このように装飾品や着物の柄として折形・折据が描かれることがしばしばあったのです。