Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

折り紙の歴史と現在: よりみち:19世紀ドイツ

文化として、遊びとして、芸術として、科学として…さまざまな形で進化する折り紙の姿を見てみましょう。

なぜかドイツへ

[4-1] フレーベル

折り紙の歴史を追っているうちに、なぜかドイツへやってきました。

ここでは、19世紀ドイツの教育者フレーベルの活動を紹介します。彼と折り紙にどんな関係があるのでしょうか。

フレーベルとDas Falten

[4-2] 恩物の例

フレーベル(Friedrich Wilhelm August Fröbel, 1782-1852)は、19世紀ドイツの教育者です。当時の宗教・哲学思想に大きく影響を受けながら、独自の教育思想を構築しました。

特に幼児教育を重視し、1840年、自身が設立した幼児教育施設にKindergartenと名付けたことは有名です。これが、世界で初めての「幼稚園」になりました。

幼児教育では遊戯と作業を重視し、自身も様々な教育玩具を開発しました。これらの玩具は恩物(Gabe)と名付けられ、遊び方も具体的に示されました。恩物の中には、色を塗ったボールや、積み木など、今日でも知育玩具として使われるようなものが含まれています。

恩物を開発するなかで、Das Faltenという遊びも生まれました。
英語に訳すとThe Fold。名前の通り、紙を折って物を表現する遊びです。

[4-3] Das Faltenより

上の画像は、フレーベルの著作に残っているDas Faltenの作品群です。
日本で育った人の中には、これを見て驚く人もいるかもしれません。
というのも、この中には、「伝承折り紙」として知られているのと同じモデルが入っているのです。
たとえば左の画像の作品10.は、現在「だましぶね・ほかけぶね」として知られています。
ほかにも右の画像の作品22.は「ぶた」として知られる作品です。

これらの作品が、19世紀後半、海を越えて日本にやってくるのです。
というわけで、次はふたたび、文明開化真っただ中の日本に戻りましょう。

[画像]
4-2  Friedrich Fröbel- Construction kit- 1782-1852- SINA Facsimil-dhub.jpg by Kippelboy on Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0(2021.03.08参照)
4-3  Das Falten on データベース・フリードリッヒ・フレーベル (2021.03.08参照)
[参考]
  小学館 日本大百科事典「フレーベル」(執筆者 村井実)