Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

折り紙の歴史と現在: 明治・大正

文化として、遊びとして、芸術として、科学として…さまざまな形で進化する折り紙の姿を見てみましょう。

日本の近代化と折り紙

1868年、大政奉還を機に明治維新が起き、日本は急激な近代化を遂げます。
多数の「お雇い外国人」が招かれ、欧米の近代的な制度が導入されました。
政治、経済、交通、電信…
社会のあらゆる分野で、近代的な仕組みが導入されていったのです。

こうした中で、教育制度もまた日本に導入されました。
学制が敷かれ、
初めての幼稚園ができ、全国に小学校が建設され、明治の後半にかけて、就学率も向上しました。
幼児・児童向けの雑誌が誕生したのもこの時期です。

こうした状況の中で、今日につながる「折り紙」が形成されていきました。

1. 幼稚園と折り紙

1875年、日本で最初の幼稚園として、東京女子師範学校付属幼稚園(現在のお茶の水女子大学附属幼稚園)が設立されました。
1877年に制定された同幼稚園の規則では、保育科目が設定され、下記のように25種類の細かい活動内容が示されました。この中に、畳紙、つまり現在でいう折り紙が入っているのです。

五彩球ノ遊ヒ、三形物ノ理解、貝ノ遊ヒ、鎖ノ連結、形体ノ積ミ方、形体ノ置キ方、木箸ノ置キ方、環ノ置キ方、剪紙、剪紙貼付、針画、縫画、石盤図画、織紙、畳紙、木箸細工、粘土細工、木片ノ組ミ方、紙片ノ組ミ方、計数、博物理解、唱歌、説話、体操、遊戯

「五彩球ノ遊ヒ」「木箸ノ置キ方」に代表されるように、これらの活動は、フレーベルの恩物を基本にしていました。

[5-1]『幼稚園法二十遊嬉』より「摺紙」

さらに翌1878年には、『幼稚園法二十遊嬉』が刊行されました。
これは、同幼稚園初代監事の関信三による、恩物の概説書です。
ここで関は、それまで断続的に紹介されていた遊具や作業具を20種類選出し、その具体的な使用法を挿絵入りで分かりやすく紹介しまた。

その中で「摺紙」として折り紙が紹介されています。
画像[5-1]の通りです。机の上には、Das Faltenのモデルに登場するような折り目の紙が置かれていますが、少女が折っているのは江戸時代と同じ折り鶴です。
また、「二十遊嬉」を一枚の絵にまとめた「二十遊嬉之図」という絵でも、折り紙を折る子どもの姿が描かれています。

参考:二十遊嬉之図(複製)(お茶の水女子大学デジタルアーカイブズ)

こうして、近代的な幼稚園制度が導入される中で、折り紙が恩物として導入されていきました。ただ、Das Faltenそのままというよりも、従来の折り紙のイメージと混ざる形で、幼児教育の場に溶け込んでいったようです。

2. 雑誌と折り紙

明治時代には、教育制度の整備に従って、次第に就学率や識字率も向上してきました。
同時に、近代的な出版業やジャーナリズムも形成されつつありました。
こうした中で、子どもを対象にした少年少女雑誌が続々と出版され、その中に折り紙を扱うものが現れました。

鳴皐書院『小国民』は、少年雑誌の中でも初期のものです。
教訓的な物語や、科学系の読物が多数掲載され、人気を博しました。
それだけではなく、「考物」という謎解きクイズのようなコーナーや、「笑林」というお笑い投稿コーナーなどもあり、娯楽にも力を入れていました。

その中には、折り紙を紹介する記事もありました。
下記の文章は、第五年二十一号(1893.11)の「折紙變化船」からの抜粋です。

5の中央と線を折谷とすれば6の舟を得べし。これ古(いにしへ)より傳はる法にて面白からず。更に次の手續(てつづき)をふみて、變化(へんげ)するを知るべし。

[5-2] 「5」の再現

[5-3] 「6」の再現

[5-4] 「7」の再現

[5-5] 「8」の再現

「5」以降を再現したのが右の画像です。
「5」の段階で①の線に沿って折ると「6」になります。これは、現代では「にそうぶね(二艘舟)」として知られています。しかし記事では、これを「古より傳はる法にて面白からず」と言って、新しい折り方を紹介しています。
「5」で②の線に沿って折ると「7」になり、さらに少し折ると「8」ができます。これもまた、現在「だましぶね・ほかけぶね」として知られている作品です。そしてこの「8」の形は、Das Faltenの中(こちらの画像の作品10.)で紹介されていたものと同じです。

この「折紙變化船」は、「兵庫縣河井順之助氏寄送」の投稿記事だそうです。
ひょっとすると、彼は学校かどこかで新しい作品を知り、投稿したのかも知れません。
あるいは、「にそうぶね」を作っているうちに、独自に思い付いたのかも知れません。
となっては、詳しいことは良く分かりません。

ただ確実なのは折り紙の中には、伝統的な作品もあれば、新しい作品もあった、ということです。
1893年(明治26年)からの3年間、『小国民』では折り紙の記事が頻繁に掲載され、その多くは読者投稿によるものでした。雑誌という媒体が、新しい作品の折り方を知らせあう場になったのです。

[画像]
5-2~5 

筆者撮影

[参考]
 

上田信道「小学生むけ雑誌のスタイルを開拓した「小国民」」
(上笙一郎、上田信道編(1999)『小国民:解説・解題・総目次・索引』復刻版、不二出版、所収)

3. 伝統と近代と

画像[5-6]は、明治41年に発行された『折紙図説』の一部です。

[5-6]『折紙図説』より「豚」「兜」

この書物は、学習院助教授の佐野正造によって編集されました。凡例には、下記のように書かれています。

一、本書は、折紙細工を實地に、練習會得せしめんが爲めに、編みたるものなり。
一、されば、本書は、幼稚園、小學校、師範學校、高等女學校 及び一般家庭の参考用にして可なりと信ず。

つまりこの書物は、教育用の実用書だったようです。

前編と後編に分かれており、前編では「遊戯的折方」、後編では「禮式的折方」がまとめられています。まさに、「遊技折り紙」と「儀礼折り紙」の区別が意識されていた形です。

また、画像5-6では、左側に「兜」、右側に「豚」が載っています。
片やいかにも日本的な伝承作品、片やDas Faltenに載っている作品(こちらの画像の作品22.)です。
このように『折紙図説』では、新旧の作品が一冊の中に同居しているのです。

ここまで見てきたように、明治時代には、伝統的な作品だけでなく、新しい作品も生まれました。
それらの新しい作品は、教育制度が整う過程で西洋から流入したり、雑誌などの出版物を通して広まったりしながら、次第に伝統的な作品群の中へ溶け込んでいきました。
そうして、『折紙図説』に見られるように、一連の「折り紙」作品として受け入れられていきました。

つまり言い換えると、現在の「折り紙」は、伝統と近代、二つの源流を持っているとも言えるのです。

4. 「折り紙=子どものもの」

[5-y] 宮川春汀「折もの」

右の画像は、浮世絵師・挿絵画家の宮川春汀のシリーズ作品「小供風俗」の一枚、「折もの」です。

幼児・児童教育に取り入れられたことで、「折り紙は子どものものだ」という認識が定着するようになってきました。
『秘伝千羽鶴折形』に代表されるような洗練された手芸としての側面よりも、子どもの遊びとしての側面が強くなってきたのです。

この認識は、時代を超えて現在でも続いています。
日本で育った人なら、「折り紙」と聞くと「小さいころにやった」と思う人も多いでしょう。
懐かしい気持ちになる人もいるかもしれません。

しかし、第二次世界大戦後、折り紙は大きな進化を遂げます。
次ページからは、現在の折り紙の在り方を見ていきましょう。

[画像]
5-7 

宮川春汀「小供風俗」より「折もの」 on 国立国会図書館デジタルコレクション  (2021.03.08参照)