Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

折り紙の歴史と現在: 江戸後期~幕末

文化として、遊びとして、芸術として、科学として…さまざまな形で進化する折り紙の姿を見てみましょう。

出版の発達と折り紙

江戸時代には出版が発達し、庶民に楽しまれるような通俗本や、浮世絵のような印刷物も、次第に多数出版されるようになりました。
その中で、絵手本や手芸に関する本も出版されるようになり、その中には折り紙に関する本もあったのです。

1. 『秘伝千羽鶴折形』

[3-1]『秘伝千羽鶴折形』より「蓬莱」

[3-2] 実際に折った「蓬莱」

『秘伝千羽鶴折形』は、確認できる中で最も古い、「遊技折り紙」に関する書物です。

右の画像は、この書物に登場する作品の一例です。
複数の鶴がまとまって、一つの形を成しています。
これらの鶴は全て、切れ目の入った一枚の紙からできており、互いに繋がっています。
作るのに非常に高度な技術が求められる作品です。

作品を考案したのは、伊勢国桑名の僧侶 義道という人物です。彼は魯縞庵と号し、桑名地域における文化人として活躍する一方、折り鶴の名人としても知られ、藩主に折り鶴作品を献上したこともありました。

彼の作品に目を付けたのが、京都の秋里籬島(あきさとりとう)という人物です。籬島は、現代でいうガイドブックのような「名所図会」という書物を多数発表した作家でした。
籬島は、義道の作品を48種類選び、それぞれに名前を付け、名前にちなんだ狂歌を添えて、一冊の本にまとめました。

この『秘伝千羽鶴折形』からは、当時、折り紙がどのように楽しまれていたのかが推測できます。
例えば、その作品の難易度は「伝承折り紙」の水準を遥かに超えており、義道が極めて洗練された技術を持っていたことが分かります

また、籬島が添えた狂歌の中には、江戸の吉原や京都の島原など、遊里について描かれた歌があります。ここから『秘伝千羽鶴折形』が必ずしも子ども向けというわけではなかったことが伺えます。
こうしたことから、江戸時代の後半、折り紙が手芸の一分野として洗練されていった様子が伺えます。

[画像]

3-1 

国文学研究資料館蔵三井文庫旧蔵『秘伝千羽鶴折形』六丁表 on 新日本古典籍総合目録データベース / CC BY-SA 4.0 (2021.03.08参照)
3-2  筆者撮影
[参考]
  岡村昌夫(2006)『つなぎ折り鶴の世界』本の泉社

2. 江戸後期~幕末の折り紙

『千羽鶴折形』は折り鶴に特化していましたが、ほかにも様々な作品が楽しまれていたようです。
当時の様子が分かる事例を三つ紹介します。

『かやら草』

足立一之なる人物が1845年(弘化2)までの数十年間に綴った、個人的な備忘録です。
232冊にわたり様々なことが記録されていますが、その中に折り紙の記事が見られます。
現在でも知られている作品が見られる一方で、今とは違った趣の作品も記録されています。
たとえば、「在原業平」「小野小町」といった6人の有名な歌人「六歌仙」をかたどった、人形のような作品も記録されています。
紙を膨らませて人の頭を表現するなど、柔らかい和紙の特徴を生かした作品も特徴的です。
個人の記録であったため出版はされなかったようですが、戦後に再度注目を集め、作品を紹介する本も出版されました。
当時の折り紙の様子が伺える資料の一つです。

葛原勾当の作品群

葛原勾当(1812−1882)は、江戸後期から明治初期を生きた筝曲家です。
3歳で失明しがらも、16歳から日記を書き綴り、26歳からは自ら活字を作って記録をしました。
生涯続いたこの日記は『葛原勾当日記』と呼ばれ、しばしば作家の興味を惹き、井伏鱒二『取材旅行』太宰治「盲人独笑」といった作品で紹介されています。
特に太宰治「盲人独笑」では、下記のような記述があります。

折紙細工に長じ、炬燵の中にて、弟子たちの習う琴の音を聴き正しつつ、鼠、雉、蟹、法師、海老など、むずかしき形をこっそり紙折って作り、それがまた不思議なほどに実体によく似ていた。太宰治「盲人独笑」on 青空文庫

このように、盲目でありながらも折り紙を得意としていました。
箏の師匠として弟子に稽古をつけるときにも、褒美として作品を折って渡していたといいます。

そして珍しいことに、葛原勾当本人が折った作品が現存しており、広島県福山市の菅茶山記念館に寄贈されています(2008年時点)
この作品群を調査した折紙研究家の岡村昌夫氏によれば、伝承折り紙とされる作品や、「六歌仙」といった当時人気のあったテーマの作品がある一方、「鶴亀」と題した作品など、葛原勾当による創作作品もあるとのことです。
しかもそうした作品には、現代の作家たちが開発した新技法が、既に使われていると言います。
このように幕末には、「伝承折り紙」の域を脱し、独自に技法を洗練させた人物もいたのです。

『折形手本忠臣蔵』

芝居の人気演目『仮名手本忠臣蔵』を題材に、登場人物を折り紙で折る趣向の刷物です。
人の姿を表現する趣向は、『かやら草』の中の作品とも共通するところがあります。
全十一段ある『忠臣蔵』から、各段の象徴的な場面を抜き出し、折り紙で表現しています。
資料の全貌は、下記のデータベースにて公開されています。

参考: 赤穂市立歴史博物館蔵「新撰人物 折形手本忠臣蔵 十一段」(ARC浮世絵ポータルデータベース)

ここまで、江戸後期から幕末にかけて、代表的な折り紙の資料を紹介しました。
今日でいう「伝承折り紙」も作られる一方で、芝居を折り紙で表現するなど、今日とは少し異なる楽しみ方もされていたようです。

次は明治・大正時代を見てみましょう。
…と言いたいのですが、明治以降の折り紙を考えるには、海外に目を向けなければなりません。
明治維新より少し前、19世紀前半のドイツに向かいましょう。

[参考]
  世界大百科事典 第2版 より「折紙」
  岡村昌夫「葛原勾当が遺した折紙:全盲琴師の人と作品」(日本人形玩具学会誌編集委員会『人形玩具研究 : かたち・あそび : 日本人形玩具学会会誌』第20号, pp14-30)
 
笠原邦彦(1996)『最新・折り紙のすべて』日本文芸社