Skip to main content

生命科学系実験に役に立つ書籍・情報: Cell culture

九大図書館には役立つ本が沢山

お役立ちガイド

他のガイドで細胞培養を解説したものがあります。

細胞培養入門

細胞培養で問題になるのがマイコプラズマ汚染です。細菌や真菌のコンタミでは細胞が死ぬなどの分かり易いサインがありますが、マイコプラズマはそのようなサインなく感染し続けるので厄介です。検出された場合には除去法があります。

 

細胞ではなくて細菌培養のガイドもあります。

細菌培養の基礎

大腸菌を良く使うと思います。細菌を培養する知識も必要です。

動画で学ぼう

文字で読んでも、実際の細かな操作が分からない。そんな時は動画の教材でイメージを膨らませましょう。探せば動画が結構あります。

細胞培養テクニカル動画 DSファーマさん

日本語ですので分かり易いです。タッピングをどのくらいの強さですればいいのかは文字では分かりませんよね。とても丁寧な動画です。

テルモさんのYouTube Thermoさん

YouTubeです。こんなに役立つYouTubeはありません。実験の合間にくだらないYouTubeを見らずに、これを見ましょう。

Contents

PCR,          Real time PCR

NGS,          WB

FCM,          Pathology

Cell culture,          Transfection etc.

Structural analysis,          Biosafety

Animals,          Manuscript,          最後に

細胞培養

細胞培養では、気を付けなければならないことが沢山あります。

細胞が育っている様に見えてもコンタミネーションしている可能性もあります(逆にマイコプラズマ汚染が新たな発見に繋がった例もあります!)。正確なデータを得るために基礎を叩き込みましょう!

図書館へGO

ネットで検索

細胞培養基礎ハンドブック Thermoさん

 ダウンロードの申込みをしなければなりませんが、とても役に立つハンドブックです。基礎的な情報が収録されています。

細胞培養 Sigma aldrich(Merck)さん

 培地や添加物などの情報も紹介されています。ここで一通り勉強できます。

 

次のページへ

次はTransfectionなど、分子生物学的な解析手法です。