Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

臨床検査における血液の基礎とその病気: Home

作成者

中野 由依's picture
中野 由依
Contact:
本ガイドは図書館学習サポーター/図書館TA(Cuter)として勤務した際に作成したものです。

勤務期間 :2015年7月~2017年3月
当時の身分:大学院生(修士課程)
当時の所属:九州大学大学院医学系学府保健学専攻検査技術科学分野

はじめに

 

私たちの身体の中では、血管が隅から隅まで張り巡らされており

その中には「血液」が流れていますね!

人の体重のなんと約1/13を血液が占めています。

サラサラの血が流れる血管のイラスト

血液の働きには、

「物質(O2とCO2、栄養、ホルモン、老廃物)を運ぶこと」

「身体を守る(異物の除去、止血)」

「身体の中の環境を維持する(浸透圧の維持、pHの維持、体温の調節)」

…があります( ̄▽ ̄)!

 

今回はその血液の中で、上に書いた働きを担っている

赤血球、白血球、血小板

について検査専攻の学生さん向けに

基本的なことと、その病気についてまとめていこうと思います!

国試勉強に少しでも役立てば幸いです…