Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

除細動器と心臓ペースメーカのきほん: AED使用の現状・問題点

除細動器と心臓ペースメーカについてまとめました。前半は一次救命やAEDについても書いてあるのでいろんな人に目を通して頂けるとうれしいです。

AED使用状況

AEDは2004年7月から一般市民による使用が

出来るようになりました。

2015年には約65万台のAEDが全国に設置されました。

病院はもちろん、大型ショッピングモールや大学、公民館など

あらゆる場所でAEDを目にするようになりました。

一方、AEDの使用率はいまだに伸びず設置したものの、

いざというときには使用されなかった例が

非常に多く存在するのも事実です。

参考:総務省消防庁,平成27年度版救急・救助の現状

 

上の図のように一般市民が心停止を目撃した症例のうち

約4%の症例のみでAEDが使用されました。

しかも、この使用例のうち約半数が医療従事者の

使用というように報告されています。

せっかくAEDが普及してもそれを使用する人が

いなければ意味がないですよね。

さらに、AED使用例の約50%が1ヵ月後生存できたのに対し、

AEDが使用されなかった例ではわずか

約10%しか生存できなかったことから、

その場に居合わせたひとが適切にAEDを使用すること

救命率を大きく上昇させることが明らかです。

 

AEDの問題点

AEDの管理についていくつか問題点が挙げられています。

まず、AEDの設置場所が分からないということが

しばしば言われています。

フロアマップなどにAEDの設置場所を示すなど

対策がとられていますが、私たちも日頃から

少しだけAEDを意識して場所を確認しておくと

いざというときに困らないかもしれません。

ちなみに伊都キャンパスには20ヶ所以上

AEDが設置してあります!!

九大でのAEDの設置場所は各キャンパスの

キャンパスマップに示してありますよ。

キャンパスマップはこちら

 

また、AEDが普及するようになって10年くらい経っています。

一般的なAEDの電池は5~7年

交換する必要があるとされています。

ということは、一部のAEDは電池の交換時期を過ぎている

ということになります。万が一、AEDの電池が切れていて

いざ使うときに電源が入らないとなると救えたはずの命が

救えなかったといったことも考えられます。

もちろん、街にあるAEDを勝手にチェックすることは出来ませんが、

もしAEDを自分の会社に設置するなんていうことがあれば、

使用期限のチェックや定期点検をしっかり行なうことが必要です。