Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

★美味しいお魚を食べよう! 〜魚食の文化と科学〜: 食用としての魚

お魚について知ることで、より美味しくお魚を食べてもらうことを目的としたガイドです。

世界中で魚は食べられている

国連食料農業機関(FAO)によると、2017年時点で、世界で消費されている食糧のうち、動物性タンパク源のおよそ17%(タンパク源全体のおよそ7%)を魚が占めており、その消費量は世界的に増加傾向にあります。また、中には20%以上の動物性タンパク源を魚が占めている地域もあり、世界中で魚は食料としての需要が高いことが伺えます。加えて、魚は積極的に貿易が行われ、水産事業が主要な産業でない地域でも多く消費されています。そのため、魚食文化は水辺の地域だけでなく、幅広く世界中に存在していることになります。無数に存在する例の中から、いくつかの魚食文化を紹介してみたいと思います。

参考文献

FAO. ""The State of World Fisheries and Aquaculture 2020. Sustainability in action". Rome. 2020. <https://doi.org/10.4060/ca9229en>. Last Accessed January 14, 2022.

Fun Fact - 魚の栄養素

魚の筋肉(身)には必須アミノ酸がバランスよく存在しており、タンパク質として栄養バランスに優れています。また、EPAやDHAなどの高度不飽和脂肪酸も多く含まれています。そのほか、ビタミンD、ビタミンA、タウリン、キチンなどの栄養素も魚種によって高いものがあり、魚は栄養バランスに優れた食料だということが言えます。

参考文献

全国高等学校水産教育研究会, 東京海洋大学, 東海大学, 海洋研究開発機構. 水産と海洋の科学. 東京, 海文堂, 2014, 171p. ISBN9784303114909.