Skip to main content

★微生物の世界(検査専攻向き・細菌編): 細菌の分類

苦手な人が多い微生物学のまとめ☆とっつきにくい”微生物学”のイメージが少しでも解消されることを願ってガイドを作ってみました(´・ω・`)

グラム染色性


 

上に示したのがグラム染色性による細菌の分類です。

もちろん、全ての細菌の分類ではなく、ポイントである(だろうと私が選んだ)細菌について載せてあります。

どの細菌がどんな形をし(球菌or桿菌)、どんな染色性を示すのか、ある程度は覚える必要があります。

特徴は、

・グラム陰性菌の方が種類が多い

・桿菌の方が種類が多い

・好気性、偏性嫌気性菌の種類は少ない


ことです。

つまり、グラム陽性菌を覚えてしまえば、分類の分からない細菌に出会っても、”グラム陰性通性嫌気性桿菌” である可能性が高いということです。

上の表で、オレンジ色の印を付けている 芽胞 と、水色の印を付けている 莢膜 はとても重要なポイントです。

◆芽胞◆

・特定のグラム陽性桿菌の冬眠型。

・厚い皮膜に包まれた一個の球状体

・発育に有利な環境になるまで数年〜10数年にわたり,生存可能。

乾燥,熱,消毒薬に対する抵抗力が非常に強い。

☆芽胞の位置と形は菌種により特有で,菌種の同定に役立ちます。テストにも出るのでしっかり覚えましょう☆

 

◆莢膜◆

・細胞壁の外側の外界の境界が不明瞭な厚い膜構造,単染色あるいはグラム染色にて菌体表面の透明像として観察。

・莢膜を有する細菌は,宿主の免疫による防御作用に拮抗

抗原性を持ち,この特異性によって菌の血清型別が行われる。

細菌の基本的な性状は、同定の際の重要なポイントになります。

特徴的な性質を表に少しずつ書き込むのも良いかもしれませんね☆

基本の基本・グラム染色

細菌の染色法にはたくさんの方法がありますが,その中でも最も基本となるのが,”グラム染色”です。

手順はきちんと覚えておきましょう。

グラム染色〜ハッカーの変法〜

 ① 塗抹,乾燥,火炎固定

 ② 前染色:ハッカーのクリスタル紫液で1分染色,軽く水洗

 ③ 媒染:ルゴール液を標本面にかけて1分媒染,軽く水洗

 ④ 脱色:標本面に無水エタノールをかけ,約30秒作用させる。軽く水洗。

 ⑤ 対比染色: サフラニン液で30秒〜1分染色,水洗後乾燥。

どの順序でどの液を使うかを聞かれたりするので,液の名前と順序と色(文字の色と同じ)は必ず覚えましょう。

この方法で染色することにより,グラム陽性菌は青紫色に,グラム陰性菌は赤紫色に染まります。

が・・・!!!

染色の対象となる菌が古くなると,グラム陽性菌でも赤紫色に染まることがあるのでご用心!!!