Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

★食卓の上の多様性: 特別機内食の世界

誰かと食卓を囲むとき,そこには確かに多様性が存在しています。このガイドでは,食卓の上にある多様性という視点からより多くの人がおいしく,楽しく食卓を囲むためのヒントを提供します。

空の上にも食の多様性

ピーンポーンパーンポーン (福岡空港に鳴り響くチャイムの音を思い浮かべて) 。

実は私,国内外の航空会社の安全ビデオ (機内での安全な過ごし方や非常設備の案内映像) をYouTubeで探しては再生リストに追加し,国ごと,あるいは航空会社ごとに比較をして楽しむというニッチな趣味があります。
余談ですが,個人的な一押しはスターフライヤーの安全ビデオ (私の地元が本社だということもありますが,とにかくかっこいい) です。北海道の翼・AIRDOのビデオはくまさん (ベア・ドゥ君) が可愛い。
その趣味の延長として航空会社のウェブサイトを色々と見ていたら,ほとんどの航空会社のウェブサイトに食事に制限がある人のための「特別機内食 (Special meal) 」を紹介するページがあることに気付きました。これも各航空会社のものをブックマークにまとめて色々眺めて楽しんでいます。

どの航空会社でも,実際の食習慣によらず,多くの種類の中から特別機内食を選ぶことができます (事前予約必要。また一部路線,座席クラスでは用意されていないメニューもある) 。「着いた先でいっぱい美味しいものを食べたいから,機内食は軽めのベジタリアンメニューにしよう」や「ハラルミールより食べる機会の少ないコーシャーミールを食べてみよう」といった不純な理由で色々なメニューを選ぶこともできます。実際にそうした理由で特別機内食を選んだ人の体験談がインターネットに多数あります。

おりしもこのガイドを執筆していた時期 (特に2020年上半期) は,新型コロナウイルス感染症の影響で海外はおろか国内旅行すらままならない状況でした。また各国を自由に行き来できる情勢になれば,これらの特別機内食を機内で楽しめるようになるでしょう。その前に海外に行くための旅費と時間が欲しい…。

特別機内食の種類

「特別機内食」と一口に言っても,大きく4つに分類できます。多くの航空会社ウェブサイトでも,この分類に即して記載されていることが多かったです。
(主に日本航空全日空の「特別機内食」の分類を参考にしています)

※掲載している写真はほぼ全て全日空のウェブサイト (一部は日本航空ウェブサイトより引用) より引用しています。

健康に配慮した特別機内食

糖尿病,高血圧,消化器疾患など様々な理由で食事に配慮が必要な方のための食事メニューです。
代表的なものとしては

  • 消化のよい食事 (BLML)
    胃腸を刺激する食品 (香辛料,カフェイン,揚げ物など) を使用しない食事

 

  • 低塩分ミール (LSLM)
    塩分の強い食品や調味料を使用しない食事

 

  • 糖尿病ミール (DBML)
    低脂肪の肉や繊維質に富む食品で構成された食事

 

  • 低カロリーミール (LCML)
    一食あたりのカロリーが400 kcal程度に抑えられた食事
        

 

  • 低グルテンミール (GFML)    
    小麦、ライ麦、オート麦、グルテンを含む穀物を原料とした食品を使用しない食事

 

  • 低脂肪ミール (LFML) 
     低脂肪で繊維質の多い食べ物(肉・魚含む)やフルーツ、野菜等で構成された食事

 

  • 低乳糖ミール (NLML)
    ミルクやヨーグルト、チーズなどの乳製品を使用しない食事

 

  • アレルゲン対応ミール
    アレルゲンとなる食品を含まないメニュー (写真は特定7品目を使用しないメニュー)

が挙げられます。日本の大手二社は上記を全て網羅していますが,海外のフラッグ・キャリア (国を代表する航空会社) でもアレルゲン対応ミールがない, 座席のクラスによっては用意できないミールがあるなど対応にはかなり違いがあります。

また,航空会社によっては以下のような特別機内食も用意されています。個人的にはフルーツミール (果物のみで構成) が気になります。

  • シーフードミール (SFML)  
    獣肉を含まず,魚介類や野菜,穀物で構成された食事

 

  • フルーツミール (FPML)    
    生の果物やドライフルーツ ,生野菜で構成された食事

 

宗教に配慮した特別機内食

宗教的な理由から食事に配慮が必要な方のための食事メニューです。
代表的なものとしては

  • ヒンズー教ベジタリアンミール (アジア風) (AVML)  
    動物性食品を一切含まない,スパイシーな味付けの食事

 

  •  ヒンズー教ミール (HNML)
    牛肉,豚肉,生魚,燻製された魚を含まない食事

 

  • ジャイナ教ベジタリアンミール (VJML) 
    肉類,卵,乳製品に加えて,根菜類も含まない食事

 

  • イスラム教ミール (ハラルミールとも。MOML)  
    イスラム教の規定に則って用意された食事

 

  • ユダヤ教ミール (コーシャーミールとも。KSML)
    ユダヤ教の規定に則って用意され,提供まで厳封がなされた食事

があります。

このほかにも牛肉を含まないミールや,ロシア正教徒向けのベジタリアンミールを提供している航空会社もあります。ターキッシュ エアラインズ (トルコ) やエミレーツ航空 (アラブ首長国連邦) などのイスラム圏に本社がある航空会社だと,「どの機内食もハラルミールであるから,特別にハラルミールを注文する必要はない」という記述が特別機内食の案内ページにあります。また,ユダヤ教徒にとって重要な宗教的記念日である過越 (すぎこし) のための発酵食品を含まないミールを用意することが可能な航空会社が欧米を中心にいくつかありました。

ベジタリアンのための特別機内食

菜食主義を実践している方のための食事メニューです。
代表的なものとしては

  • ベジタリアンミール (VLML) 
    卵,乳製品を含む,野菜をメインに構成された食事

 

  • ヴィーガンミール (VGML)
    一切の動物由来食品を含まない,野菜をメインに構成された食事

 

  • 生野菜ベジタリアンミール (RVML)
    加工食品を一切含まない,生野菜や果物だけの食事

 

  • オリエンタルベジタリアンミール (VOML)
    動物性食品に加えて,五葷 (ごくん。ニンニクやネギなどの香りの強い野菜) を含まない食事

があります。航空会社によってはフルーツミールがここに含まれます。

生野菜ベジタリアンミールを実際に食べた人 (「豚骨ラーメンを食べた」との記述があるので,純粋なベジタリアンではない) の体験談が個人ブログにまとめられていました。その中には「味付けはレモン汁だけ」とあったので,濃い味に慣れていると非常に厳しそうです…。

子どものための特別機内食

12歳未満の子どものための食事メニューです。
代表的なものとしては

  • 離乳食 (BBFD)
    0〜8ヶ月の子どもが対象の食事

 

 

  • チャイルドミール (CHML)
    2歳〜12歳未満の子どもが対象の食事

 

  • アレルゲン対応幼児食 
    食物アレルギーをもつ子どものための食事 (写真は全日空の特定7品目を含まないメニュー)

があります。幼児食と離乳食の区分は日本航空以外だと結構曖昧で,幼児食に離乳食が含まれている航空会社もあります。幼児食,チャイルドミールともに柔らかく噛みやすい,かつ喉につまらせる危険性の低い食品でメニューが構成されています。また,子ども向けのかわいらしいデコレーションが施されたミールも多くありました。蓋を開けた時に喜ぶ子どもの顔が浮かぶようです。

ファーストクラスやビジネスクラスで,エコノミークラスの大人用機内食顔負けの豪華なメニューで構成されたチャイルドミールを提供している航空会社もありました。見ていて悲しくなったのは内緒です。

 

<戻る   Home   進む>