Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

九コレで学ぶ「くずし字」の世界: 序:ようこそ、くずし字の世界へ

古い時代の資料に書かれた、読めそうで読めない「くずし字」。九大コレクション(九コレ)で九大所蔵の資料を眺めながら、「くずし字」の世界に触れてみましょう。

はじめに

読めそうで読めない。

割り箸の袋蕎麦屋の暖簾筑紫もちの包み紙
和風で雅なものには必ずと言ってよいほど書かれている
「くずし字」

現代では演出として書かれることが多い「くずし字」ですが、かつては現役の文字として読み書きされていました。

仮名文字が生まれた古代から幕末明治に至るまで、連綿と書かれ続けたくずし字の資料は、今でも多数保存されています。

九州大学も多分に漏れず、貴重資料をはじめ多数の古典籍・歴史資料を保管しています。

近代以前の文学や歴史、日本の文化を理解するためには、くずし字は避けて通ることはできません...

...そんなしかつめらしい話でなくても、くずし字が読めたら楽しいことはたくさんあります。

風光明媚な観光地に立つ石碑、神社仏閣の扁額や掛け軸、浮世絵の横に書かれているアレ

くずし字が読めれば、今まで読めそうで読めなかったあれやこれが見渡せます。

このガイドでは、九州大学が所蔵・保管する資料を眺めながら、そんな「くずし字」の世界へ皆様をご案内いたします。

図:『機巧図彙』首巻(九州大学附属図書館所蔵)を改変

執筆者

Tomoharu Nakamura's picture
Tomoharu Nakamura
Contact:
※画像は九州大学所蔵『蒹葭堂雜錄 巻之五』の一部を加工したもの。
作成者の所属:A16_附属図書館

本ガイドのねらい

本ガイドでは、くずし字に興味はあるがまだ読めないを対象に、

  • くずし字の基本を身に付けられる
  • くずし字の資料を読めるようになる
  • くずし字を取り巻く様々な動向がわかる

以上三点を目標に、情報を提供します。
全体の構成は、目次をご覧ください。

目次

【目次】

一:くずし字の基本

クイズを通して、くずし字の基礎知識を学びます。
「読めそうで読めない」感じはどこから来るのか。
くずし字を学ぶポイントなども解説しています。

二:手習い三番勝負!

くずし字の基本が身についた人向け。
九大が所蔵する資料の画像を見ながら、くずし字の解読に挑戦してみましょう。

三:くずし字でみる前近代の資料

書かれる資料の種類によって、くずし字の読みやすさは大きく変わります。
くずし字の観点から古い資料を眺めてみましょう。

四:オンラインでくずし字を読もう

多くの学術機関が資料のデジタル化を進めています。
オンラインで読める古典籍の情報を紹介します。

五:くずし字とテクノロジー

ICT技術の波はくずし字の世界にも押し寄せています。
くずし字をめぐるテクノロジーの動向を紹介します。

結:「和本リテラシー」とくずし字