Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

アーカイブ情報あれこれ: オーストラリア戦争記念館リサーチセンター(Australian War Memorial Research Centre reading room)

キャンベラ市内のバス

  首都キャンベラは人工のバーリーグリフィン湖Lake Burley Griffinを挟んでCapital HillCity Hillの両側に区分され、この二つの丘陵(Hill)を市バスが二つの橋(Commonwealth AveKings Ave)を渡り、結んでいる。

 City Bus Station にはバス乗り場Platformが集まっていて、無料のLoop 100 Free Loop100という呼び方もある。ネットではRoute10になっていた。)はPlatform10のバス停から出発し、Australian War Memorialへ行ける。30分に一本運行されており、900AMから430PMまで。Loop100Route 10)は、観光客用の巡回バスであるが、研究者にもありがたく「戦争記念館、国立図書館、国立公文書館、議会」を無料で結んでくれるバスでもある。40分かけて時計回りで一回転する運行でKings Bridgeを渡りCapital Hill側に出て、Commonwealth Bridgeを通ってCity Hill側のCity Bus Stationに戻る。反時計回りがない。市内バスが少ない土曜日日曜日にも動いていて、このバスと徒歩を組み合わせることで、行動範囲がぐっと広がる。City Bus Stationからオーストラリア戦争記念館行くときに便利である。Loop 100を使うしか交通手段がないというべきかもしれない。戦争記念館から公文書館に行く場合には、旧議会Old Parliament Houseもしくは議会で下車して歩く。赤い標識でArchivesと書いてある方向に歩けば入り口である。旧議会から図書館も近いLoop 100は2013年の1年間だけの運行であったようだ。現在は運行されていない。残念である。

 City Hillの中心であるCity Bus Stationからオーストラリア国立公文書館までの行き方であるが、City Bus Stationを中心に首都キャンベラのバス路線は放射線状に運行されていること、平日と土日ではバスの番号が変わることの二点を押さえれば、なんとなく全体像がつかめる。

Lake Burley Griffinの下側の橋(Kings Bridge)を渡るGreen Lineと呼ばれている基幹のバス路線にはRoute4 Route5があり15分間隔で運行されている。快速Red RapidRoute200Green Lineと同じ路線系統である。City Bus StationPlatform 7が乗場である。オーストラリア国立公文書館に行くことができ、Kings Ave/National CctNational Archivesから徒歩圏内のBarton地区)で下車する。反対方向はKings Ave/National Cctからバスに乗り込み、Kings Bridgeで湖を渡り、City Bus Station(Platform 5で下車)で降りればよい。土曜日日曜日は938番でとなる。キャンベラは官庁街なので、平日と土日では交通量が一変する。

Lake Burley Griffinの上側の橋を跨ぐRoute 2 Route3 Gold Lineと呼称されており、この2路線も基幹路線であり15分間隔で走っている。Platform 2で搭乗し、降りるのはPlatform 5である。このバスの運行経路は往路と復路でそれぞれ示すと

往路:City Bus Station National LibraryKings Ave/National CctParliament House Woden Bus Station

復路:Woden Bus StationParliament HouseKings Ave/National CctNational LibraryCity Bus Station

 オーストラリア国立図書館とオーストラリア国立公文書館に行ける。

 土曜日と日曜日のバスの番号は934番、935番になる。公文書館と国立図書館の距離は歩ける距離なので、30分ほど散歩しながら移動して、頭脳の疲れを癒すのもいい。以上を読まれたら、下記でバス路線を確認すること。

http://www.action.act.gov.au/timetables_and_maps/routes_by_number

 市内バスに乗るにはMy Way Cardを手に入れる必要があるが、City Bus Station9番乗場に隣接するコンビニRelay/Hub Convenience Store(2 Mort Street East Rowの交差点、で購入できる。ここでカードを買い、ついでに20ドルほど入金すればよい。10回は乗れる計算になる。バス料金だが20138月現在で、現金だと4.2ドルでこのCardだと半額の2.1ドルである。ここのコンビニはマクドナルドの横のコンビニと覚えておけばよい。East RowAlinga St.の交差しているところ、である。

 City Walk +Petrie Plateのあたりは店も多く、巨大なモールCanberra Centre Shopping Mallやスーパーもある。首都キャンベラの繁華街である。古本屋Bargain Booksがあり、午前9時半から営業している。

オーストラリア戦争記念館リサーチセンター

  

オーストラリア戦争記念館リサーチセンター(Australian War Memorial Research Centre reading room)

 簡単な登録が必要。名前、住所、email、電話番号、目的などを書いて、登録ができる。番号が与えられる。机は一人用が7と6人掛けが2ある。一階下がってAfghanistan: the Australian story の展示の奥の部屋がResearch Centreである。

 ロッカーは2ドルコインを使用する。書架に配架された書籍はコピーできる。基本的なものがある。公的な文書はデジタルカメラで撮影してもよい。

 公文書Official Recordsの場合、Research Centre Request SlipAWM Series Control Symbolを記入する。Private Records ID numberを記載する。Published Collectionの場合はCall numberを記入する。桃色のスリップである。机の番号の割り当てはなく、カウンターに取りに行くやり方である。請求後カウンターの後ろの棚に15分から30分後に届く。棚に届くのでスタッフから渡される。棚は名前(MIWAM アルファベット順)で管理されているようである。

 平日は10AM5PMが開館時間で、土曜日は1PM5PMである。資料請求は415まで。スタッフは親切である。オーストラリアは素朴で親切さが溢れている。これはオーストラリアに行くと感じる。クリスマスだけが閉館で、修学旅行の生徒が多い。ロンドンの帝国戦争記念館IWMと同じように1年間を通して開館されている。


食事をするところ

  Caféは館外と館内にそれぞれある。Poppy's café の営業時間は 8.30 AM - 4.30 PM である。The Landing Placeは館内にあり、10:30AM4.30PMである。

  交通機関はホームページには以下のように記されている。https://www.awm.gov.au/visit/

Regular bus services run between the City centre and the Memorial on route 10 on week days and 910 on weekends and public holidays.

ACTION Buses website has the latest news and timetables for public transport in the Australian Capital Territory.

 

Subject Guide

Profile Photo
三輪 宗弘
コンタック:
附属図書館記録資料館
産業経済資料部門
教授

専門
経営史, 軍事史, 石油・石炭産業, 太平洋戦争, 公文書の廃棄選別
Website