Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

アーカイブ情報あれこれ: パリ北駅、パリ東駅

パリ北駅の手荷物預かり

 パリ北駅の正面左側のエレベータを降りたところに「手荷物預かり」がある。

 小さいのが5.50ユーロで中型が7.50ユーロ、大型が9.50ユーロで、最初の1日分だけカードで支払う。現金もOKだが、ややこしい)。英語表示に従えばいい。24時ごとに5ユーロ課金されるが、受取時に支払う。北駅の地下である。正面に向かって左側の階段を下りればよい。プラットホームの34番側の下。エレベータで降りて右側にある。レンタカーの予約も同じ階である。荷物のチェックを受けて、入る。監視員2名がいて、金属探知を行っている。財布や携帯電話は外して、プラスチックの箱に入れ、金属探知を受ける。

 

 手荷物を受け取るときには、 1日超過すれば5ユーロをカードで支払う。バーコードを読み取り、それをカードで決済するというやり方。バーコードをなくすと、面倒なことになるので、注意。二人の監視員のスタッフがいるが、雑な対応しかできない。


 

パリ北駅からロンドンへのユーロスター

 乗車券はパリ北駅のユーロスター切符売り場で買う。ユーロレイルパスを所有していれば、1日分を使い、30ユーロ払い座席指定すれば、2等に乗れる。ロンドンまで2時間15分である。前日に買っても、当日に買っても、座席があれば30ユーロである。これは助かる。

パリ北駅でエレベータを上がって、ユーロスター乗場に行く。ユーロレイルパスは左側から入る。パスポートと入国カード(Border Force)を示す。入国カードは日本語版もある。

 英国への入国審査も搭乗時に行われ、滞在期間を聞かれ、どこに泊まるのか、目的は何かなどを質問される。滞在先に関して尋ねられたので、B&Bとかホテル名を答える。荷物をX線の機械に通す。

 1号車から10号車が前、11号車から20号車が後ろ。CostaEXKでコヒーとパンなどを売っている。新聞FT、 New York Timesを売っている。

 ネットはつながりにくい。軽食は8号車7号車にある。アメリカンは3ユーロと4.3ユーロ。7号車の方が空いていた。

 時刻、切符のネットでの購入・手配は下記のサイトを参考にしてください。手配が早ければ安くなる。

http://www.raileurope-japan.com/train-tickets/journeys/article/london-paris

パリ東駅からストラスブルグ駅へ

 ユーロレイルパスを持っていたので、往復を予約した。座席指定料片道10ユーロである。ストラスブルクの新市街は2017年に世界遺産に認定されたばかりだったので、往復とも満席に近かった。TGVは予約しておかないといけないと思った。日時と出発時刻か、到着時刻を伝えること。パスポートとユーロレイルパスを提示すればよい。ドイツであれば時刻表を印刷してくれるが、フランスはしない。ドイツの高速鉄道ICEも国境を超える場合には座席指定券が必要。

 1988年に旧市街が世界遺産に指定されている。素晴らしい彫刻が外壁、内壁に彫られているカトリック教会ノートルダム大聖堂が聳えている。周りにはお土産屋が並んでいる。

 イル川の中州である旧市街「グランディル」は、町全体がユネスコの世界遺産にも登録された。世界遺産の街並みを歩いて回ることができる。イル川遊覧船で一周してもよい。ドイツ国境なのでドイツ人の観光客も多い。2017年に新市街ノイシュタットも世界遺産に指定された。新市街はドイツ占領期の18701918年に建設された町並みである。

 薄い塩味のピザであるタルトフランベ(Tarte Flambee)、キャベツと豚肉のシュクルート、伝統料理のケーキであるクグロフ(Kuglhopf)は代表的なアルザス料理で、辛口の白ワインを飲みながらぜひ堪能されたい。

パリ東駅のアルザス料理La Strasbourgeoise

  パリ東駅正面の道を渡ったところでもアルザス料理を堪能できる。

www.strasbourgeoiseparis.com

Choucrouteが代表的なアルザス料理で、辛口の白ワインと一緒に注文するか、ピザのタルトフランベを注文するか悩ましい。二人であれば、それぞれ注文してシェアーするのがよい。英語のメニューは下記の通り。同じChoucrouteにもいろいろな種類がある。

http://strasbourgeoiseparis.com/images/docs/strasbourgeoise-carte-en-automne-hiver-2017.pdf

RESTAURANT LA STRASBOURGEOISE
5 rue du 8 mai 1945, 75010 PARIS
Tel : 01 42 05 20 02

チップの慣習はアメリカやイギリスほどではない。料金を支払い、おつりを受け取り、それから退出する。テーブルにチップを残してもよいし、残さなくてもよい。サービス料金が入っているとのことである。

Subject Guide

Profile Photo
三輪 宗弘
コンタック:
附属図書館記録資料館
産業経済資料部門
教授

専門
経営史, 軍事史, 石油・石炭産業, 太平洋戦争, 公文書の廃棄選別
Website

北駅、東駅のホテル

  北駅と東駅周辺には格安ホテルが多い。エレベータがないホテルもあり、荷物が重いと上の階まで運ぶのが大変である。朝食はきわて簡単なもので、フランスパンを切ったものとバターと牛乳である。泊まるだけと割り切ること。TVはBBCなどの英語放送はない。スタッフは片言の英語を話すので、後は身振り手振りで会話すること。親切なスタッフが多い。Expediaなどのサイトでホテルを探す際には、レーティングとコメントを参照すること。

 フランス人の知人の話では、行動する際に何も考えない人がいるということなので、細心の注意をすること。道は尋ねないこと、自分で地図を確認すること。