Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

アーカイブ情報あれこれ: 上海

上海

上海浦東国際空港から市内までは地下鉄、バスなど様々な行き方がある。タクシーも安いので夜遅く着いた時などは選択肢の一つである。高速バスで杭州までいった。杭州市内では小さな店までスマホ決済が普及しているのには、正直困った。ここ2年以内に、外国人に対してスマホ決済がどの程度出来るようになるのか、しっかり見届けたい。上海浦東国際空港周辺にはホテルが多い。ホテルから空港までバスで送ってくれる。下記のチェーンホテルは中国語しかなく、予約と決済がスマホの場合が多いようだ。中国人留学生に手伝ってもらわないと予約はややこしい。中国ではVISAカードよりも連銀カードのほうが通用する。

www.wassimhotels.com   万信慧先酒店 

他にもチエーンホテルはあるはずだからネットで捜されたい。

近くにSUKIYA(食其家)があった。時給21元(約300円)である。店長は月給4500~6000元である。牛丼の値段は小椀13元、中椀15元、超値椀18元、超大椀21元。日子式特性カレー(特性咖○)は中椀が16元、大椀が20元。

スターバックスコヒーの値段は日本よりも高いのには驚く。高級感があるのだろう。

 

出国時には、Departure Cardに記載する必要がある。

 

スマホ決済がすすんでいる。VISAカードが使えないケースもあるので、念のためその対策を考えておく必要がある。

 

上海浦東国際空港

 入国審査 パスポートを機械で読み取り、左手、右手4本を揃えて指紋を読み取り、次は両手の親指の指紋を読み取る。「OK」と書かれた印字を受け取り、入国審査を受ける。「外国人」と表示されている審査場に行き、並び、入国審査。顔写真を撮影し、左手4本で照合。それから手荷物を受け取る。入国審査のところにある「外国人入境○」(Arrival Card)を漢字で記載した。機内では配布しなかった。

 上海浦東国際空港は入国審査がきちんと行われていた。時間帯によっては出るときにも手荷物検査を行う。これは初めての経験である。

ターミナル1とターミナル2がある。ターミナル1には中国国際航空、ANA、United 、Air Canada、Thaiが発着している。

Airport Hotelもあるが、高そうだ。味千ラーメン、スターバックスコヒーなどがある。

 

  上海浦東国際空港から時間はかかるが、上海駅、上海虹橋駅に移動して、高速鉄道で杭州、紹興、南京などに行くのがいいかもしれない。高速鉄道は安い。Trip.comで購入できる。

中国のTV放送

中国のテレビ番組は国営放送と浙江省などの省のTV局の放送が多い。軍事関係の番組が多く、ドラマも抗日戦争関係が多い。またニュース番組もあり、解説は二人、三人で行われ、説明するというスタイルである。平成30年11月のTV番組。

CCTV7 軍事・農業

CGTN 英語放送のニュース

CCTV13 Live news

  韓国と北朝鮮の軍事道路、カルフォルニアの火事、大阪万博、台湾の選挙

CCTV12 社会と法(法律の番組の他に、汪兆銘偽政権の歴史番組が放送されていた。面白かった。

CCTV2 財経 日産のゴーン 英のEURO離脱 戦闘機の空中補給 シリアの化学兵器 イラン―米関係  軍事以外の番組もある。ライオン、虎、チーターの番組もある。

 

CCTV4 中文国防  中国新聞 中印国境問題 韓国北朝鮮

HTV4 軍事関係ドラマ

CCTV1 軍事関係 Morning Newsでイラク、イラン関係(経済制裁との関係)

CHINA24: 貿易戦争に関しては、米国の諸費者が困る、職を失うという報道。アメリカこそが貿易戦争で損をするという内容

 

中国のニュース解説番組では、司会1人と解説者2名というスタイルである。解説者二人は政府の方針に沿ったような事実を淡々と解説する。二人の解説者間で見解の相違を主張しあうということはしない。

 

湖北○視 「情系 国防」  チャネル79

兵団○視 人民解放軍のドラマ

吉林○視

各省のTV放送

 ボクシング、キックボクシングの放送もある。人気があるのだろう。

 

CNAやBBCは放映されていなかった。小生滞在時NHKの放送はなかった。2011年に北京のホテルではNHKが放映されていたが、今回はNHK放送を眺めることができなかった。

 

高速バスで杭州へ

高速バス乗り場へ

 長距離バス(Long Distance BusCoach、エアーポートバス)乗り場へ。英語表示で、途中からCoach Stationと書かれている。杭州行は1時間に1本の割合。片道110元。領収書は払い戻しカウンターで発行。スマートホーンで決済。夜中の7:00の杭州行。夜はかかった時間が2時間半であったが、通常3時間くらいかかるとのこと。濃霧などで渋滞に巻き込まれればそれだけ時間がかかる。

 手荷物検査を通して、バス待合室に入る。アナウンスがあり、それから掲示が出る。杭州と表示されている。手荷物はバスの両サイドから入れることができる。バスの正面に「上海(浦東)ー杭州」と表示されている。座席指定で16番。ほぼ満席。バスの走行中は真っ暗。2時間半ぐらいかかる。高速を降りてすぐの、Family Martのところで止まり、乗客を下す。少し歩いて地下鉄2番線「武林門駅」A1入口からエレベータで下がり、駅から三壩駅へのカードを4元で購入する。現金支払い可能。出るときにカードは回収される。下車して、三壩駅(サンバ)B3で出てホテルへ。三壩駅(サンバ)から歩いて浙江省档案館に行くことができる。高速バスは現金で支払うことができる。

 エアポートバス(上海浦東国際空港)の降車場の最寄地下鉄は1号線と2号線の二駅ある。地下鉄1号線の駅は「武林広場」駅である。西湖の近くであるので、タクシーを利用してもよいであろう。タクシーは日本の三分の一以下の料金である。タクシーもスマホ決済である。現金だとおつりがない可能性がある。

 

高速バスの主な目的地(南京市行と紹興市行きがないのが残念である)。

江蘇省 蘇州 2.5時間 84元

江蘇州 無錫  3時間 100元

江蘇省 昆山  2時間 76元

江蘇州 張家港 3.5時間  122元

浙江省 温州  6時間 225元

浙江省 嘉興 2時間 70元

浙江省 杭州 3時間 110元