Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

アーカイブ情報あれこれ: 帝国戦争博物館リサーチルーム

帝国戦争博物館リサーチルーム

Imperial War Museum Research Room

http://www.iwm.org.uk/collections-research/research-facilities

閲覧の申し込みは下記まで。予約が必要。最初の日だけ予約を入れ、次回いつ来るとと言えばよい。All Dayにしておくか、午前中と午後に分けるか、選択する必要がある。

https://iwm.altarama.com/reft120.aspx

The Research Room is open Mondays-Thursdays from 10.00am to 1.00pm and 2.00pm to 5.00pm, and no readers' tickets or other forms of identification are required. If you are booked in for both sessions you will be required to leave the Research Room between 1.00-2.00pm.
 

どのような資料が見たいのか詳細に書くと、翌日か翌々日に資料の有無の返事が返ってくる。英国国立公文書館にあるので、そちらに行くべきだとか、ほとんどないとか返事が返ってくる。返事をちゃんとしてくるのは立派だと思う。

 午後1時から2時までは全員が閲覧室から出ることになっている。ランチを食べに外に出てもいいし、展示を見学してもいい。ここでいったん切り上げて、大英図書館に移動して、舞い戻ることも可能である。

Richmond駅からの行きかた

 Richmond駅からの行きかたであるが、一番早いのは、鉄道SOUTH WEST LINEの各駅(Stopping service)、準急(Semi-fast service)、快速(二駅に停車)にPlat 2から飛び乗り、Waterloo駅まで行くのが早い。快速であれば20分である。もちろんOysterも使える。地下鉄District Lineと同じ改札で右側がPlat 2である。左側の地下鉄を乗り継いでいってもよいが時間がかかる。Richmondへの戻り方であるが、慣れれば簡単だが、Reading 行きかWindor行に乗ればいいと覚えておく。掲示板に「Fast to Richimond」が掲示されているのでそれを見るのが簡単。基本的に向かって右側のプラットホームから発車する。プラットホームは何番に入るか決まっていないところと(時と)決まっているところ(時間帯)がある。(●○Junctionは乗り場が決まっているので、バスと同じように駅名が書かれた掲示板を見て、指定のプラットホームに行けばよい。ここではバスの乗り方の応用で大丈夫)。日曜日は工事とかで運休になるし、故障とかで遅れたり、運休になる。1時間遅れは覚悟しておくこと。

 Waterloo駅からは徒歩15分ぐらいである。Waterloo Roadに出て、右に向かい、Baylis Roadを右に進めば左に地下鉄Lambeth North駅がある。Lambeth North駅にはCostaがあり、ここでコヒーを飲んで時間を調整すればよい。Waterloo駅の出口は2階層になっているのでわかりづらいが、改札を出て左側から出るか(59番バスは下に下がりながら直進)、マックの看板のある出口から下に階段かエスカレータを下がればよい。Waterloo Roadに出ればバス停の地図があるので、現在地を確認して、歩けばよい。トイレは30ペンスで改札を背にして左側である。

 帰りであるが、時間があればWaterloo駅まで戻り、211番バスで市内を見学しながら、Hammersmith駅まで行き、そこから地下鉄District Lineで戻ることもできる。時間がないときには、鉄道SOUTH WEST LINEでRichimond駅まで戻り、District LineでKew Gardens駅まで行くのが早いし簡明。R68バスでもよいし、391番バスでもよい。時間があれば、Hammersmith駅で211番から391番バスに乗り継ぐことも可。65番バスも利用可能。

 HIKARIというレストランがあるが、平日のランチBentoが、5.99ポンドである。トンカツカレーは7.5ポンドであるが、日本料理の味付けでおいしかった。アサヒビールとキリンビール、青島ビールもある。Waterloo駅に近いLower通りに沿って、小さな料理屋・レストラン・露天の食堂が並んでいる。韓国料理のPOCHAはランチが6ポンドで10種類のランチメニュは豊富である。5ポンドほどのAll Day Breakfast店はお昼は混雑していて入れない。

  観光も兼ねるなら、地下鉄Westminister駅からテムズ川をBIG BENを後ろにして渡り、歩いて行ける。地図を持って歩けば、House of ParliamentやBig Benの時計を見ながらテムズ川を渡るのは、楽しい。London Eyeの観覧車が前方左手に見える。バスでも歩いても、反対方向に歩けば、charing Cross駅やLeicester駅(古本屋)、Piccadilly Circus駅(Japan Centreがある)まで行ける。バスは行先の駅名とバス番号がすぐわかるように表示されているので、それに慣れれば、バスに飛び乗りどこでも自由自在である。5分から10分に1本間隔で運行されているので、とても便利である。

 Waterloo駅のバス乗り場は3箇所に分かれているので、バス乗り場を地図で確認すること。同駅は2層構造なので、最初はとまどう。プラットホームは一つしかないのでわかりやすい。

Waterloo駅からのHounslow Loopが2017年秋に誕生

Hounslow Loop to London Waterloo(Hounslow駅-Waterloo駅を結ぶ右回り環状線)

Waterloo駅、地下鉄と接続しえいるClapham Junction駅、Barnes駅などを経て、右側のChiswick駅、Kew Bridge駅、Brentford駅、そしてHounslow駅、Richmond駅、Motrake駅などを回り、Clapham Junction駅、Waterloo駅に着くという、やや変則型の環状線である。Waterloo駅からHounslow駅までしかない列車は1時間に二本、一周する列車が1時間に二本運行されている。2017年9月現在である。イギリスのことだから、乗客数を調べ上げて、運行時刻を小刻みに変更していくだろう。この環状線はOysterカードが使える。ヒースロー空港に行く、Feltham(hがサイレント文字で発音せず、ヘルサムと発音する。)駅にはいかない。Richmond駅は少し遠回りになるので、掲示板を見て、同駅に一番早く着くのが何番線のプラットフォームから出発するのか、確認できるようになっている。それを眺めてから、飛び乗ればいい。とても便利な縦長の掲示板である。Kew Bridge駅で降りてテムズ川を渡り、歩いて英国国立公文書館まで20分ほどである。1時間に6本から8本ほど運行されている。環状線は時間がかかるので、Reading行きかWindsor行に乗るのがいい。

 South Western Railwayは地下鉄のZone(within the London region)は、Oysterカードで乗ることができる。切符を買わずに飛び乗れるのがいい。環状線を設けるなど、鉄道の 効率的な運航に力を入れている。

行き方など

 地下鉄Lambeth North駅まで。エレベーターで地上に昇る。そこから歩いて7分ほど。Kennington Roadを直進して、表示に従って、Lambeth Roadの左に折れれば、IWMの建物が目に入ってくる。15インチ砲の巨大な雄姿が目に入る。大英図書館からは59番バスに乗ってLambeth North駅に向かうこともできる。地下鉄を乗り継いでもよい。Kennington Roadで59番バスに乗り降りすればよい。ロンドンの中心地を走るので、小生バスの2階に乗り込み、風景を楽しんでいる。大英図書館と帝国戦争記念館を結ぶのが59番バスである。
 10時から6時までが展示で、Research Roomは月から木までの平日の10時から5時までで事前にアポが必要。金曜日、土曜日、日曜日は閉室である。IWMのホームページからメールで申し込めばよい。返事が返ってくる。地上階Gを 二つ上がった2階にある。ロッカーは1ポンドで、使用後返却される。デジカメは不可。カバンはロッカーに入れなければならない。パソコンは持ち 込み可。英国国立公文書館が休みの月曜日に資料をながめることになる。Waterloo駅から歩いてもよい。地図で位置関係を確認すれば、大丈夫。地下鉄Westminster駅からテムズ川を渡って歩いてもよい。
 USER REGISTRATIONに名前や住所、電話番号、メールアドレスなどを鉛筆で書き込む。そしてサインして出す。
 コピーは委託で一枚40ポンド。コピーは2日ほど要し、後日受け取る。2014年8月訪問時はコピーに1か月かかると言われた。何かで立て込んでいたのだろう。2017年9月訪問時には、委託コピー制度は廃止されていた。
 簡易検索と詳細検索ができる。詳細検索で時期を特定しないといけないが、速度が遅いうえに、絞り切れずヒット件数が多くなる。本、写真、録音。写真とインタビュー記録が多いので、これらを巧みに回避しながら資料にアクセスする慣れが必要である。「Last」から資料を眺めると、個人ペーパーや回想記が出てくる。ここにはイン チキな写真はないと思えるほどよく選択されている。思わぬ記録が出てくるのでぜひ訪問されたい。写真のコレクションは圧巻。個人のメモや日記も思わぬもの に遭遇する。研究者ははじめに出てくる写真のコレクションやポスターを巧みに回避して、資料を捜すこと。個人の資料は個々に検索するようなシステムに変更されていた(2018年3月には個人文書もヒットしてきた)。こころない利用者がいるのだろう。日本の防衛研究所戦史部に寄託された日記が、ご遺族の心情に配慮しない、心無い研究者のために閉鎖されたのとおなじように。刊行された本であれば10分ぐらいで机まで持ってきてくれる。PCを持ち込んでネット接続もできた(2014年8月)。
 2017年9月訪問時には、デジタルカメラでの撮影ができるようにルールが変更されていた。真下のInformation Deskで10ポンドを払い、「Photo Permit  1 Day」の許可証を発行してもらう。デジタルカメラで撮影できるようになったので、コピーする必要はなくなった。
 Research Roomの検索画面でキーワードもしくはCopy Number(オンライン)から特定し、それを「DEPARTMENT OF PRINTED BOOKS」(請求用紙)に記載する。資料であれば、「DEPARTMENT OF collections」に書き込む。スタッフが割り当てた座席番号を書く必要がある。英国では座席番号というのが、資料の受け取りに必要になる。これは米 国議会図書館も同じだが、割り振りはなく、自分が座ったところが座席番号。
 Main ClassificationとAccession Number (Copy Number(オンライン))は検索画面から拾って記載する。Title、日付、名前。当日閲覧できない資料もある。当日資料請求しても出てくる資料もあるので、資料請求されたい。
 身分証明書は要求されないが、事前にメールで申し込む必要がある。事前予約は初日だけで、明日来るとか、来週月曜日に来ると言えばいい。資料を次回みたいとか、終わりましたといって、デスクの方に言えばいい。一点返却すると次の資料を渡してくれる。
 「Museum Café」は一階にあり、観光客で混んでいる。ここでランチを注文できる。
 過日受け取ったメールIWM Collections Enquiry Service [iwm@reference-service.info]を掲げておく。事前に閲覧したい資料を伝えておくとよいということだろう。
I am delighted to confirm that I have made the necessary appointment for you. However I would be very grateful if you could check our online catalogue and bring a list of items you wish to view and we will order them for you. An idea of our holdings can be gained in advance of your visit by consulting the 'Collections Online' facility on the Museum's website http://www.iwmcollections.org.uk/qryMain.php.

It will also be possible for you to select and order additional items using our catalogues. The staff on duty in the Reading Room will be pleased to explain the use of the catalogues, and how to fill in the necessary requisition forms.

 ここのリサーチルームは平日しか開いていないが、隣にあるEXPLORE HISTORYには開架式で基本的な本が配架されている。日曜日はここで本を読むことができるのはありがたい。(2017年9月には、平日しか開いていないことがわかった。したがって日曜日に本を読むことができなくなった。展示を見て回ればよい。)リサーチルームおよびこの 部屋では、デジカメ撮影不可。配架式の書棚で基本的な文献をながめるのは、案外勉強になる。Holocaustの展示は2014年と2017年の展示を比べるとよくなっている。ケバケバしさがなくなり、ヨーロッパの国による違いも指摘されている。諜報機関SOEについては徹底的に調べ上げる必要がある。(2017年9月更新)
 
登録 :  2012-01-29  更新 :  2012-04-14
 

コピー、デジカメ撮影、後日複写

以下の英文を読まれたい。10ポンドでデジタルカメラで撮影できるようになり、その代り、委託コピー制度はなくなったと書かれている。2017年9月現在。シャッター音はSilentにすること。Level 0 のI-Deskで10ポンド払えばいい。

 

We do allow photography and a photography permit can be purchased from the information desk on Level 0. This allows you to take digital photographs for personal non-commercial uses and other ‘fair dealing’ copying purposes as outlined within the Copyright Designs and Patents Act 1988 (as amended and revised). Cameras MUST be in silent mode and the flash switched off. No tripods, stands or scanners are permitted. Photography may not be allowed in cases where it may damage the original item. The price is £10 for a full day permit. Further details are available from the Librarian on duty in the Research Room. We will no longer be accepting photocopying orders in the Research Room.

Once you arrive at the Museum please make your way to the Research Room on Level 2. Bags are not permitted in the Research Room but there are lockers available outside. These take £1 coins (refundable) and we do not provide change.

Subject Guide

Profile Photo
三輪 宗弘
コンタック:
附属図書館記録資料館
産業経済資料部門
教授

専門
経営史, 軍事史, 石油・石炭産業, 太平洋戦争, 公文書の廃棄選別
Website

手荷物預かり所(Left Luggage)

  Left Luggageはヒースロー空港のターミナル25にあり、料金は2時間以内が6ポンド、24時間以内が11ポンド、1日から3日までの追加料金が7.5ポンドで、それ以降は15ポンドという料金設定。営業時刻は午前5時から午後11時まで。

 Left Luggageは主要な鉄道での料金は、2時間以内が6ポンド、24時間は12.5ポンドで、それ以降は24時間単位で7.5ポンド加算される。午前7時から午後11時までが営業時間。Waterloo駅では改札を背にして左側にある。紙の「預り書」(バーコード)を紛失すると10ポンド加算される。ネットで予約をしてもいいし、当日受付に予約なしで行っても大丈夫。EXCESS BAGGAGE COMPANYが経営している。