Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

アーカイブ情報あれこれ: 高速鉄道の乗り方

高速鉄道

中国の高速鉄道

 各駅停車であるが、中国全土を高速鉄道網で結ぶという野心的な鉄道である。二等車両は2列と3列であり、日本の新幹線と同じである。トイレは2室しかなく、日本の新幹線よりも不便。各駅停車にすることで、多くの乗客の利用を促し、それでコストを下げることができる。二等は座席指定で、車掌が乗車券と身分証(パスポート)をチェックするため、回ってくる。高速鉄道の駅は大都市になれば2駅から3、4駅と増えるので、必ずどこなのか確認すること。例えば、上海では、上海駅、上海虹橋駅、上海南駅がある。高速鉄道を在来線のように張り巡らし、国民の足にしようという構想がよくわかる。

 鉄道駅への入り口で荷物検査がある。荷物検査を受ける前に、乗車券を購入しなければならない。乗車券とパスポートを提示して、駅舎に入ることができる。中国の駅舎には店が並んでいるし、トイレもわかりやすい位置にある。トイレにお湯と水が無料で提供されている。ホームの入り口に並び、到着の10分から15分にホームに降りる。ホームには売店はない。高速鉄道のホームを示す大きな掲示板があるので、プラットホームを確認できる。

 外国人は、切符売り場(窓口)で切符を購入しなければならない。購入時にパスポートを提示する必要がある。中国人は身分証明書を提示さなければならない。スマホ決済(バーコードタイプ)が中国では急速に普及しており、スマホ決済で世界のトップになる技術の獲得を狙っている。浙江省では小さな店までスマホ決済で、現金が使えないのには、閉口する。アリババの本拠地であるためかスマホ決済が相当普及している。浙江省ではスマホがなければどうにもならないのが現実。スマホを紛失したら、大変なことになる。

 中国でスマホを使う際には、SIMのデータを最新にして、細心の注意をはらうこと。中国は世界最先端のスマホ技術を追及している。脱税対策、偽札対策という側面もあるだろう。スマホ技術で世界最先端技術で一挙に躍り出ようとしている。

 三輪が乗車した高速鉄道は以下の通り。

 杭州本駅から紹興北駅 1125 141分発 4号車8F 19.5元 G581

 紹興北駅から南京南駅 1127 1114 15号車6B 137.5元 G168

 南京駅から上海駅 11291613 3号車6 139.5元 G7063

予約は下記サイトで確認してください。手数料がかかるようだが、下記サイトで予約するのが手っ取り早い。

Trip.com